MAXI PRIEST

マキシ・プリースト

・出生名/ Max Alfred Elliott
・生誕/ 1961年6月10日
・出身地/ イギリスロンドン リュイシャム

ダンスホール、ルーツ、ラヴァーズ・ロック、R&Bそれぞれのエッセンスを見事に融合させたスタイルで、80年代後半から90年代初頭に世界を席巻し第一線で活躍を続ける。
ジャマイカの次に多数の世界的ヒットを出しているUKにはAswad、UB40、Steel Pulseなど数多くのレゲエ・ミュージシャンが登場したが、その頂点といってもいい存在がMaxi Priest。
キング・オブ・ラヴァーズ・ロックと呼ばれ、ソウルフルで甘くエモーショナルな歌声が最大の魅力。


1961年6月10日
ジャマイカ系移民の家系を持つ両親のもと、9人の兄弟姉妹の下から2番目として誕生。
ペンテコステ派の宣教師で教会合唱隊のリード・シンガーであった母親の影響もあり、ゴスペル、レゲエ、R&B、ポップミュージック、ブラックミュージックを聴いて育った。ジャマイカンアーティストDennis Brown、John Holt、Ken Boothe、Gregory Anthony IsaacsやアメリカのMarvin Gaye、Al Green、Frank” Sinatra、イギリスを代表するThe Beatles、Phil Collinsの曲を聴いて育つ。

70年代中盤-
15歳の時に義兄が運営していたティッパトーン・ハイファイで大工をすると同時に、自分たちの運営するグラディエイターでマイクを握り始めた。他にもジャー・シャカのサウンドシステムを作ったりシステム運びをしていた。80年代はロンドンのレゲエサウンドシステムSaxon Studio Internationalに参加し、JahShakaやNegusNegastと共に近所のユースクラブやハウスパーティーで演奏を始める。
当時、義理の兄がワンブラッドのPaul Robinsonと同じレコードショップで働いていた事がキッカケで知り合い、楽曲制作をする仲となる。


1984年
◼︎「Hey Little Girl
…Bad Breed Band featuring Maxi Priestとしてインディーズレーベルから初シングル
◼︎「Throw Mi Corn
◼︎「Sensi
◼︎Papa Levi 「Mi God-Mi King」をPaul Robinsonと共同プロデュース。
…イギリスのみならずレゲエの本場ジャマイカで人気に火が付く


1985年
◼︎1stアルバム「You’re Safe」発表
…Paul Robinsonの全面プロデュースにより、レーベルDiskyよりリリース

収録曲
In the Springtime
Should I
…”去っていった恋人が自分のところに
戻ってきたけど、信用するべきか悩んでいる”
Hey Little Girl
Fatty Fatty
You’re Safe
Caution
Dancin’ Mood
Throw Me Corn
Sensi
Stand up and Fight

古き良きレゲエを洗練したスタイルは、ソフィスティケイテッド・レゲエと呼ばれるようになった。


1986年
◼︎2ndアルバム「Intentions」リリース
…AswadDrummie Zebが半数以上の曲をプロデュース

収録曲
Love Train
Woman In You
Crazy Love
…Drummie Zebプロデュース、Van Morrisonカバー
Jehovah
…Drummie Zebプロデュース
Cry Me A River
Strollin’ On
Pretty Little Girl
Let Me Know
…シングルリリースされた
Festival Time
…Drummie Zebプロデュース
Bubble (We All Go Bubble)」

The Ready Posse Sing Revival Selection
…「Dancing Mood」「Simmer Down」John Holt「Time Is The Master」Freddie Mckay 「Love Is A Treasure」Bob Andy 「Woman Feel The Feeling」のスカ、ロックステディ、レゲエの名曲メドレー。「Simmer Down」はBob Marley(The Wailers)の出世作となった1963年のヒット曲。


1988年
◼︎「Wild World
…Cat Stevens「Wild World」のカバー
UKシングル・チャート5位を獲得し、ジャンルを超えてメッセージ性を持つレゲエシンガーとして英国では確固たる地位を築く。

◼︎3rdアルバム「Maxi」リリース
…ミュージシャンにSly & RobbieやDean Fraserを迎え、初のジャマイカ録音を実現。
…初のメジャー作品となるアルバムはUK チャート上位に食い込み、US Billbordでも初めてチャートインを果たした。

収録曲
Wild World
Suzie You Are
Goodbye To Love Again
You’re Only Human
Same Old Story
Marcus
How Can We Ease The Pain?
It Ain’t Easy
Some Guys Have All The Luck
…”君の愛を夢見て、
そんな状況の自分が孤独に感じる
ある男達は幸運を持っており
ある男達は心の痛める
Problems
Reasons


1990年
◼︎4thアルバム「Bonafide」リリース
…Captol Recordsの傘下Charisma Recordsからリリース。
…プロデューサーはHandel Tucker、Sly&Robby、Geoffrey Chung、Augustus Clarke

…キーボード奏者のRobbie LynnやドラマーのCleveland Browne、ギターリストのDanny Brownなどミュージシャンとして迎えた。

…アルバムはUKで11位、
US Billbord 200 Albumチャート 47位を獲得。
“ソフィスティケイテッド・レゲエの完成作”と呼ばれた。
…RIAA(Recording Industry Association of America)からゴールドディスクを授与された

収録曲
★「Just a Little Longer
…Billbord hot 100で62位を獲得し、シングルカットされた
Close to You
…”俺はただ君のにいたいんだ。俺にしてほしい方ことは全てするよ”
…世界的大ヒットし、US Billbord Hot 100で
見事1位、R&Bチャート2位を獲得。
90年代を代表するレゲエ・アーティストとしての存在をアピールした。

Never Did Say Goodbye
Best of Me
Space in My Heart
…Billbord R&B Singleチャート76位を獲得
Human Work of Art
Temptress
★「Peace Throughout the World」(feat. Jazzie B)
…シングルカットされリリース
You
Sure Fire Love
Life
Prayer for the World


1991年-
◼︎「Set the Night to Music」(feat. Roberta Flack)
…Roberta Flackからのラブコールによる共演
…Billbord Hot100で6位となり、レゲエシーン以外のファンにも大きく認知された。

1992年
◼︎5thアルバム「Fe Real」リリース
収録曲
Can’t Turn Away
Promises
Just Wanna Know(U.K. mix)」(feat. Apache Indian)
…1990年12inchリリース
…Apache Indian はUKエイジアンとして一世を風靡したアーティスト
(ブリティッシュ・エイジアンとはイギリスに住む南アジア系の人々のこと。
ブリティッシュ・エイジアンミュージックが注目されたきっかけはエスニックなアジア音楽を取り入れたブレイクビーツに乗せて強烈な風刺と政治批判をスタイルにし、ブリストルサウンドの系統を継ぐレゲエ/ジャングルを軸とするAsian Dub Foundationのデビュー。)

Groovin’ In The Midnight
Make My Day
Ten To Midnight
One More Chance
Sublime
Amazed Are We
Hard To Get

◼︎Shaggyとアメリカツアーを回る
…Shaggyのマネージャーとはイギリスで音楽を始めた頃、トラックの荷台でレコードを売っていた頃からの友人であり、マネージャーの紹介によりニューヨークのリハーサルで「Oh Carolina」がUKチャートにランクインしたShaggyと出会う。

1993年
◼︎「 Waiting In Vain」(feat. Lee Ritenour)
…ジャズ・フュージョン系のベテラン・ギタリストであるLee Ritenourのアルバム「Wes Bound」に収録

1996年
◼︎「That Girl」(feat.Shaggy)
…アメリカでヒットし、20位を獲得。

◼︎6thアルバム「Man With the Fun」
…グラミー賞にノミネート

収録曲
That Girl(remix)」(feat. Shaggy)
Man with the Fun
Watching the World Go By
Message in a Bottle
…The Police「Message in a Bottle」カバー
Heartbreak Lover」(feat.Beres Hammond/Buju Banton)
Love Will Cross Over
All Kinds of People
Happy Days」(feat.Chaka Demus/Pliers)
Golden Teardrops
Are You Ready for Me
Ain’t It Enough
Human Cry
Frienenemy
Won’t Let It Slip Away
That Girl(Urban Mix)」(feat. Shaggy)


1996年
◼︎「One Voice THE SONGS OF CHAGE&ASKA」に「As You Walked Away」(原曲は「You Are Free」)で参加。
…CHAGE&ASKAの楽曲を世界中の一流アーティストがカバーするトリビュートアルバムに参加。

1997年
◼︎織田裕二主演のドラマ“踊る大捜査線”の主題歌「Love Somebody」に参加。
…ラップとその部分の作詞を担当した事でも知られており、彼自身もこのドラマにカメオ出演(第4話)している。



◼︎「Perfect Song」(feat.Shaggy)
…”僕の完璧な歌の中に君がいるだけでいい
君こそはそれにふさわしい女の子”


1999年
◼︎7thアルバム「CombiNation」
収録曲
We Tomorrow’s People
Mary’s Got A Baby
What A Woman Needs
Back Together Again」(feat.Elisha La’Verne)
She Wants To Dance」(feat.Feat. General Degree)
Golden Lady
Stevie WonderGolden Lady」カバー
Wasn’t Meant To Be
Try
It’s A Lady’s Night
I Only Have One Heart
The One
Tell Your Man To Take A Walk
Here We Go
So What If It Rains
God Watches Over Us
Mary’s Got A Baby (Neptunes Remix)」


2000年
◼︎Blue Note東京で初公演後、2005年まで6年連続出演しその後2009年から2年連続で出演。

2004年
◼︎3月からワールドツアーを開催

2005年
◼︎8thアルバム「2 The Max」リリース
…Virgin USとの契約終了後、
Virgin UKリリース 1作目。

収録曲
Like I Do
There’s Nothing Like This
Tell The World
Fields
Hero To Zero
Full Hundred
Tender Touch
Sweat A Go Buss
Cry For The Children
Believe In Love
Wildfire
Wild World
Sweat A Go Buss (Remix)


2007年
◼︎9thアルバム「Refused」リリース
…Peppermint Jam Recordsより未発表だった
名曲を集めたアルバム

収録曲
Island Rose
Calling 4 a Positive Vibe
So What’s Going on
Need a Lady (Nah Nah)
Love Has Found It’s Way
Childhood」           
Sweetest Love
My Girl Diss」(feat.Richie Stevens)
Set Me Free
I Wanna Know
Sugar 4 Ur Love
U Bring Out the Best in Me
Am Not Perfect
We Can Do It
Cry for the Children

◼︎12月NECで開催されたUB40のツアーに参加。


2008年
◼︎4月、UB40のヴォーカリストに就任。
…1月にイギリスのレゲエバンドUB40を脱退していたAli Campbellに代わってヴォーカルとして加入。バンドとBob Marleyの「I shot The Sheriff」をカバーリリース。

2019年/2010年
◼︎Blue Note東京で公演


2011年
◼︎ホリデイ・アルバム「Time of the Year
◼︎Mighty Crown主催”Reggae 4 Japan”に出演
…2011年3月11日に起きた東日本大震災へのチャリティイベントがニューヨーク クイーンズのニューヨーク市立大学ヨーク校(York college of The City University of New York)にて開催され、多くのアーティストが出演した。


2012年
◼︎「VividColors」
…日本のロックバンドL’arc〜en〜Ciel「VividColors」カバー
トリビュートアルバム「L’Arc~en~Ciel TRIBUTE」収録

2013年
◼︎「Kabhi JoBaadalBarse」(feat.Rishi Rich/Arijit Singh)
…インドのアーティストRishi RichとArijit Singhとヒンディー語の曲「Kabhi JoBaadalBarse」のリミックスバージョンを録音。


2014年
◼︎ 10thアルバム「Easy to Love」リリース
…UB40をゲスト・ヴォーカリストとして参加・サポートする期間や、ソロとしてのツアー等多忙な時期を経て、VPレコードからの初作品を本格的に制作を開始。
2013年夏にUKで1位を獲得したタイトル・トラックを制作したColin York、「Close To You」のプロデュースで知られるHandel Tucker、名門PenthouseのDonov an Germainがプロデューサーを務め、Sly & Robbie、Earl “Chinna” Smith、Steven “Lenky” Marsden、Clive Hunt他レゲエ・シーンを代表する精鋭&実力派ミュージシャン達が集結し、ジャマイカで制作が行われた。

…Billbord Top ReggaeAlbumチャート2位獲得。

収録曲
Easy To Love
Loving You Is Easy
Every Little Thing
…”特別な存在の君のためならどんな些細なことでも、何でもしたい”
If I Gave My Heart To You
Gravity
…John Mayer「Gravity」カバー
Without A Woman」(feat. Beres Hammond)
Holiday
Bubble My Way」(feat.Assassin Aka Agent Sasco)
Your Love To Me」(feat.Delarose)
I Could Be The One
Hearts Across The World

2015年/2016年/2017年
◼︎Billbord Live来日

2017年
◼︎「This woman」(feat. Yemi Alade)


2019年
◼︎11thアルバム「It All Comes Back To Love」発表
…“Good Music”をコンセプトとした5年ぶりのアルバム
…BMG(レコード会社)のサポートのもとShaggyが全面プロデュース

収録曲
I’m Alright」(feat. Shaggy)
…”誰もが共感できる体験妬みや嫉妬といった人間的な感情を通して得られる思いを表現したネガティヴをポジティヴに、バッドをグッドに変える曲だ。”とコメントしている

Free Falling
Cool Nuh」(feat. Shaggy)
If I Was Your Man
It Call Comes Back To Love
If I Could Change It
It’s A Summer Vibe」(feat.Bounty Killer & Che Sav)
…Che Savは息子。
Anything You Want」(feat.Estelle,Anthony Hamilton,Shaggy)
Out In The Rain」(feat. Inner Circle)
…Inner Circleのヴォーカル Jacob Millerはいとこ
My Pillow」(feat.Shaggy)
Baby Can You Love Me Slow
Hateful Celebration
Bridge You Burn
Hard As Me」(feat.Noah Powa)

2020年
◼︎Billbord Live来日

MAXI PRIST LIVE

Maxi Priest – Reggae Sunsplash (Jamaica,1990)

Maxi Priest – Close To You (Live from Earth Voice Concert – Japan 1992)

Maxi Priest Live In Concert 2012 – Brooklyn NY (HD)