BUJU BANTON

ブジュ・バントン

・出生名 / Mark Anthony Myrie

・生誕 / 1973年7月15日

・出身地 / ジャマイカ、キングストン ソルト・レーン

・来日歴/1992年
1993年 w/ Wayne Wonder
2006年

デビューまでの経緯

7人兄弟の末っ子として生まれ、少年期はデナム・タウンというゲットーエリアで多くのアーティスト達のショーを鑑賞していた。
1985年
◼︎12歳の時、The Sweet LoveやRambo Mango等のサウンドシステムでマイクを握り、歌い始める。

デビュー

1986年
◼︎1stシングル「The Ruler」を録音(発表は1987年)。
…ディージェイ仲間Clement Irieの紹介でプロデューサーのRobert Frenchに出会い、以後、彼はPatrick Roberts、 Bunny Lee、Winston Riley、Digital BのBobby Degitalなどの録音にも参加するようになる。

1988年
◼︎15歳の時に「Boom Bye Bye」を録音する。

1991年
Donovan GermainのPenthouse Recordsに参加
…Dave Kellyのプロデュースによって多くのヒット曲を生み出す。

1992年
◼︎「Love Me Browning」(feat.Bogle)リリース。
…ジャマイカ国内外でヒットさせる。

◼︎「Love Black Woman
…「Love Me Browning」は肌の色が薄い黒人女性を称揚する内容だった為ジャマイカ国内ではこれに対し批判が起き、急遽黒人女性を称える楽曲を発表し、批判をかわした。

◼︎デビューアルバム「Mr. Mention」をリリース
収録曲
Batty Rider
Love How The Gal Dem Flex
Love Black Woman
Look How You Sweet
Woman No Fret
Have To Get You Tonight
Dickie
Love Me Brownin’
Buju Movin’
Who Say
How The World A Run
Bonafide Love (Movie Star)」(feat.Wayne Wonder)

◼︎自身初の海外ツアーとなる日本公演を行う。
◼︎続いて2ndアルバム「Stamina Daddy」をリリース。
…「Gonna Bring Ya」という名前でもリリースされている。
収録曲
Stamina Daddy
…プロデューサーKurt Riley
Louw Di Buddy
… プロデューサーRed Dragon
Mumma Long & Tongue
Quick
…Techniques Records /Stalag Riddim
Bring You Body Come
…Baba Brooks/ Shank I Sheck Riddim
Gold Spoon
Gun Unnu Want
…プロデューサーRed Dragon
General
Glamatize
…プロデューサーSir Guy
Mamdy Size
…プロデューサーBunny Lee

1993年
◼︎シングル「Boom Bye Bye」メジャーデビュー
…再レコーディング、Mercury Recordsよりメジャーデビューし、ジャマイカ国内では大ヒット。(この曲は当時ジャマイカ国内で社会問題化していた男性による少年へのレイプ事件を批判する意図があったと表明されている)
しかし”Dem Haffi Dead”や”Shoot Dem“など強烈な歌詞で同性愛を批判し、暴力的であるとアメリカやヨーロッパではこの曲の歌詞に対し拒否反応が起きた。
WOMADへの出演や2009年全米ツアーが取り消されるほど彼のキャリアに大きな影響を及ぼす事となる。後に公式な謝罪を表明した。


◼︎3rdアルバム「Voice Of Jamaica」リリース。
…収録曲
Searching」 (feat.Wayne Wonder)
Red Rose
Commitment」 (feat. Wayne Wonder)
Deportees」(Things Change)
…海外に移住しながらジャマイカの家族に送金しない者を批判
No Respect
If Loving Was A Crime」 (feat. Brian & Tony Gold)
Good Body
Wicked Act」 (feat. Busta Rhyme)
Tribal War」 (feat. Tony Rebel & Terry Ganzie)
…ゲットーエリア間の政治的暴力に対する批判を歌ったLittle Roy「Tribal War」リメイク
A Little More Time」 (feat. Beres Hammond)
Him Take Off
Willy (Don’t Be Silly)
…AIDSの子供達を援助するという内容
Gone A Lead
Make My Day
Operation Ardent

社会問題を扱った楽曲が多く収録され、成功を収めた。
この成功により彼は当時のジャマイカ首相P. J. Pattersonに招待されたり、The Caribbean Music AwardsやThe Canadian Music Awardなど様々な賞を受賞した。

◼︎「Murderer
…夏、ツアーで滞在していた日本の高松市で作詞
ディージェイであり、友人でもあったDirtsmanとPan Headがそれぞれ別の事件で殺害されたことから着想を得て、銃による暴力やそれらを煽るようなダンスホール・レゲエの歌詞を批判したものであった。
歌詞に賛同したクラブやサウンドシステムは暴力的な歌詞の楽曲をプレイすることを止めた。
この頃から彼はラスタファリ運動に傾倒し、ドレッドロックスを伸ばし始めた。

1994年
◼︎友人であった歌手 Garnett Silkが火事により死去。
この一件は彼をさらにラスタファリズムへと傾倒させ、彼のステージングはよりスピリチュアルな色彩を帯びていった。
◼︎ヨーロッパ、日本、トリニダード・トバゴでライブを行った。

1995年
◼︎4thアルバム「Til’ Shiloh
…ラスタファリ運動の主義に基づきルーツロックレゲエに回帰した楽曲や、ハードコアなダンスホールのリディムに意識的な内容の歌詞を乗せた楽曲を収録し、他のダンスホール系アーティストとの違いを決定付ける作品となった。また、イギリスのMojo Magazineの2002年トップ50レゲエアルバムの一つにも選ばれた。
収録曲
Shiloh
Til I Laid To Rest
…ナイヤビンギドラムを使用
Murderer
Champion
Untold Stories
…アコースティックギターを使用
Not An Easy Road
Only Man
Complaint
Chuck It So
How Could You
Wanna Be Loved
It’s All Over
Hush Baby Hush
What Ya Gonna Do
Rampage
Sensemilia Persecution
「Champion (Reprise)」

ラスタファリ運動の主義に基づきルーツロックレゲエに回帰した楽曲や、ハードコアなダンスホールのリディムに意識的な内容の歌詞を乗せた楽曲を収録、他のダンスホール系アーティストとの違いを決定付ける作品となった。
イギリスのMojo Magazineの2002年トップ50レゲエアルバムの一つにも選ばれた。

1997年
◼︎5thアルバム「Inna Heights」
…収録曲
Our Father In Zion
Hills and Valleys
Inter Lingua
Destiny
…〈自分の運命自分で決める〉
African Pride
Cry No More
My Woman Now」 (feat. Beres Hammond)
Small Axe
…Bob Marley「Small Axe」カバー
Inter Lingua
Redder Than Red
Single Parent
Inter Lingua
Give I Strength
Close One Yesterday
Inter Lingua
Love Dem Bad
Love Sponge
Inter Lingua
Mother’s Cry
54/46 Was My Number
Circumstances

1998年
◼︎「Misty Days」「Hooligans」「Life Won’t Wait
…パンクロックバンドRancidと共同制作。
「Life Won’t Wait」はRancidが1998年に発表したアルバムのタイトル曲になった。

2000年
◼︎6thアルバム「Unchained Spirit」リリース。
…Epitaph Records傘下のAnti-Recordsより発表。
初期の彼の代名詞であった激しいダンスホールに乗せたトースティングよりもメローなアプローチを見せた。
収録曲
23rd Psalms」(feat. Gramps Of Morgan Heritage)
Voice of Jah」(feat. LMS)
Sudan
We’ll Be Alright」(feat. Luciano)
Pull It Up」(feat. Beres Hammond)
Life Is a Journey
Better Must Come
Mighty Dread
Poor Old Man」(feat. Stephen Marley)
Law & Order
Guns & Bombs
Woman Dem Phat
No More Misty Days」(feat. Rancid)
Pull It Up」(feat. Beres Hammond)
Reunion」(feat. Wayne Wonder)


2001年
◼︎「Bogle」

2003年
◼︎7thアルバム「Friends For Life」リリース
収録曲
Paid Not Played
Tra la La
…グラミー賞にノミネート
Teaser」- (feat. Bounty Killer)
Exerpt of a Speech by Marcus Mosiah Garvey
…、黒人民族主義の指導者Marcus Mosiah Garveyの演説をサンプリングしたスキット
Up Ye Mighty Race
All Will Be Fine」(feat. Sons & Daughters Choir)
Maybe We Are
Mama Africa
…Peter Tosh「Mama Africa」のカバー
Hooked on the Love
Get It On」(feat. Wayne Wonder)
Friends for Life
Good Times」(feat. Beres Hammond & Fat Joe)
Damn
La da de Da
Feeling Groovy
Pensive Wood
Spectacular
What Am I Gonna Do」(feat. Nadine Sutherland)
Mr. Nine

2006年
◼︎8thアルバム「Too Bad」リリース
…キャリア初期を彷彿とさせるダンスホールレゲエに立ち返ったアルバム
収録曲
Your Night Tonight
Try Offa Yuh
Nothing
Too Bad
Waistline
Jig
Me & Oonu
‘Til It Bend
Hey Boy
Go Slow
Driver A
…Sly and Robbie作Taxi Riddim
Girl U Know
Lonely Night
Who Have It
Better Day Coming
Don & Dupes」(Feat. Pinchers)
Fast Lane

2007年
◼︎Beres Hammondと共にThird Worldによるバンド演奏のもと、クリケットワールドカップの開会式でパフォーマンスを行った。

2008年
Make Love(Remix)」(feat.Machel Montano)

2009年
◼︎9thアルバム「Rasta Got Soul」リリース。
…第52回グラミー賞最優秀Reggae Album部門にノミネート
収録曲
Hurt Us No More
Magic City
I Rise
Rastafari
I Wonder
A Little Bit Of Soul
Affairs Of The Heart
Lend A Hand
Optimistic Soul
Make You Man
Mary
Beadtime Story」(feat.Wyclef Jean)
Sense Of Purpose」(feat.Third World)
Be On Your Way
Lights Out
MIrror

◼︎12月10日にコカイン密輸容疑で逮捕拘留され、翌年陪審員による審理が行われたが、有罪・無罪の判断意見不一致による未決定審理となり、音楽家仲間のStephen MarleyとDamian Marleyが中心となって保釈金を支払い、一旦仮保釈された。

◼︎10thアルバム「Before the Dawn」リリース
…ブジュ所有のキングストンGargame Musicで録音
第53回グラミー賞最優秀レゲエアルバム賞受賞。
裁判中のアーティストの受賞という異例の知らせは 日本のYahoo!ニュースや民放テレビでも取り上げられ大きな話題となった。
収録曲
Rasta Can’t Go
In the Air
Do Good
Battered & Bruised
Bondage
Struggle Together
Life
No Smoking at All
Try Life
…Morgan Heritage Gramps Morganの提供楽曲
Innocent

2011年
◼︎Before the Dawn Concert Buju Banton & Friends開催
…1月16日にマイアミでリリースライブを行い、ジャマイカ、オーストラリア、オランダ、イギリス、日本、世界各国からメディアが駆けつけ1万2000人以上の観衆を集めた。ノーギャラでStephen MarleyとDamian Marley、Shaggy、Sean Paul、Khaled、Busta Rhymesなど豪華ゲストが出演。バックバンドはBUJU専属バンドのSHILOH BANDが務めた。
 ユーストリーム中継を行った携帯会社LIMEには、携帯を購入する為にマイアミに行けなかったファン達が行列を作った程の社会現象にまでなった。


2018年
◼︎薬物取引容疑でフロリダにて逮捕・拘留された2009年から2年に渡る裁判と7年強の刑期を経て服役生活を経て12月に出所。

2019年
◼︎Buju Banton Long Walk To Freedom開催
…3月にジャマイカのキングストンにて3万人以上という現地では記録的な観客を動員したライブで復活を果たした。

◼︎「Holy Mountain」(DJ Khaled feat.Sizzla, Mavado, 070 Shake)
◼︎「Holly Ground」(DJ Khaled)
◼︎JAY-Z率いるRoc Nationと契約
◼︎年末には「Steppa」「Trust」2曲を立て続けに発表。

2020年
◼︎11thアルバム「UPSIDE DOWN 2020」リリース
…6月26日10年ぶりのアルバムをリリース。育て親Penthouse RecordsDonovan Germainや、Dave Kelly、Diwali Riddim制作者Lenkyがプロデューサーを務め、トラックはジャマイカ一流ミュージシャンと制作。
収録曲
Lamb Of God
Yes Mi Friend」 (feat. Stephen Marley)
Buried Alive
Blessed
Memories」(feat. John Legend)
…John Legendがリリースした「Can’t Be My Lover feat. Buju Banton」以来、10年ぶりに共演を果たした

Lovely State Of Mind
Appreciated
Trust
Cherry Pie」 (feat. Pharrell Williams)
…Pharrell WilliamsはChad HugoとのプロデューサーチームThe Neptunesとしてアルバムのプロデューサーとしても携わった。
Beat Dem Bad
Good Time Girl
Call Me」 (feat. Stefflon Don)
…復活ライブでStefflon DonにBuju Banton本人が直々オファー
Moonlight Love
Cheated
Steppa
The World Is Changing
…〈刻々と世界は変わっていく〉
400 Years
…ナイヤビンギのドラムに乗せて〈(奴隷制が続いた)バビロンで400年間を生き抜いた〉
Rising Up
Helping Hand
Unity

◼︎「Murda She Wrote
…DJ KhaledのレーベルWe The Bestと Travis Scottが所属するレーベル〈Epic Records共同プロデュース、映画’BAD BOYS’のシリーズ最新作’BAD BOYS FOR LIFE’のサウンドトラックに収録

◼︎「I Am a Jamaican
◼︎「Ganja Man
◼︎「Dangerous City」(dvsn & Ty Dolla $ign)

◼︎「Til’ Shiloh」25周年記念盤CD、LPリリース
…1995年にリリースされた大ヒット4thアルバムの25周年記念盤

DJ TAKU PLAYLIST

BUJU BANTON のヒットソングをYOUTUBEのプレイリストにまとめているのでチェックしてみてください!!

BUJU BANTON LIVE

Buju Banton Live 1993 Mandeville

Buju Banton – Murderer (Live On BBC 1995)

Buju Banton Live at Reggae Sundance 2007 (Compilation)

BUJU BANTON | Long Walk To Freedom Concert 2019 Highlights