GARNETT SILK

ガーネット・シルク

・出生名 / GARNET DAMOIN SMITH

・別名 / GARNETT SILK (ガーネットシルク)

・生誕 / 1966年4月2日

・死没 / 1994年12月9日

・出身地 / ジャマイカ・マンチェスター教区

活動期間は3年という短いものであったが、彼の楽曲は多くのリスナーに感動を与えた。
90年代のレゲエシーンを語る上で最も重要なシンガーであり,名前の通り透き通った絹のような美しい声から発せられるカルチュアルなリリックは当時のレゲエシーンに大きな変換をもたらした。ボブ・マーリーの再来と言われた彼の功績は死後10年以上経った現在でも語り継がれている。

デビューまでの経緯

「ガーネット・シルク」の名付け親はスティーリー・ジョンソン。
12歳の時、リトル・ビムボの名でディージェイとしての活動を開始して、Conquering LionSoul Remembrance、Pepper’s Disco、Stereophonic、Destiny Outernationalなどの 様々なサウンド・システムで修行を積む。クラッシュ・サウンド・システム、キラマ
ンジャロのメインセレクター、リッキー・トゥルーパーは互いに協力し合い、勝ち上がる中で強固な信頼関係を持った一人である。

デビュー

1985年に初のレコーディング「Problem Every Where」を行い、(リリースは2年後の1987年)その後活動拠点をキングストンへと移し、シンガーへと転向する。

1988年、シュガーマイノットのYouth Promotionレーベルに参加し「No Disrespect」をリリース。1989年、デリックモーガンの提案により、ディージェイからシンガーに変わり、バニーリーのスタジオでトニーレベルとのレコーディングセッションを行うようになった。サウンドシステムを中心とした2人組として演奏をし始め、周りから絶賛された。このセッションの成功により彼は歌手として継続し、プロデューサーのキングタビー、プリンスジャミー、ドノヴァンジャーメインと仕事を続けた。

1990年頃から頭角を現し、影響を受けた多くのアーティストがラスタ的な歌を書くようになる。
1992年までに、彼ははプロデューサーのボビーデジタルと一緒にスタジオのキングストンでデビューアルバム「It’s Growing」を録音する。「Hello Mama Africa」「Splashing Dashing」などをヒットさせ、性と暴力を主なテーマとしていた当時のダンスホール・レゲエにラスタ回帰の気運を取り戻し、「愛」や「カルチャー」について説いた素晴らしい歌詞はソングライターとしても一流だったことを示している。文化的なテーマ、スピリチュアルな曲、ロマンチックな曲など、彼のアルバム「It’s Growing」はジャマイカで最も売れたアルバムの1つとなった。シングル「Hello Mama Africa」は初めて国際的ヒットとしなり、イギリスのレゲエチャートで1位を獲得した。

次の2年間で、ガーネットシルクはジャマイカの主要なプロデューサーとおよびトニーレベルとパートナーシップの両方でレコーディングしました。キングジャミーズと「Fill Us Up With Your Mercy」「Lord Watch Over Our Shoulders」などの曲を録音。

1993年、UKのチャームレーベルから「Zion In A Vision」「Hello Mama Africa」をリリースし、ヒット。彼はまた「Thank You Jah」「Green Line」など、スライ & ロビーとともレコーディングを行っていたが、ハイペースによる制作のため彼はニューヨーク市でのナイトクラブでのショー中ダウンし、最後まで終える事が出来ず、人の手を借りながらステージを降りた医師に低血圧で疲労が極度に溜まっていると診断され、次の6か月間予定されていた出演をすべてキャンセルすることを余儀なくされ、公の場に姿を見せる事はなかった。

1994年に復活を遂げ、レゲエサンフェスでデビューを果たす。彼はスティーリー&クレヴィと共に、「Love Is the Answer」シングルを録音しました。またリッチー・スティーブンスがプロデュースした「Fight Back」をレコーディングした。彼はリベンジするためステージに戻る準備をしており、その年のレゲエ・サンフェスとレゲエ・サンスプラッシュ・フェスティバルでパフォーマンスを行った。

アトランティックレコードと契約したシルクは、プロデューサーのエロールブラウンとジャマイカ人プロデューサー(アストンバレット、スライ&ロビー、タイロンダウニー、アール “チナ”スミス、ウジア “スティッキー”とともにタフゴンスタジオに参加し、セカンドアルバムの制作を始め、彼は10曲をレコーディングし、アルバムは完成間近だった。

死去

1994年、マンチェスター教区マンデビルの母の住む生家を訪ねた際、母と共に不慮の火事により28歳で永眠。 火災は拳銃の発砲によるプロパンガス爆発により起こったが、その死の経緯に関しては、麻薬取引に関わったための報復説、暗殺説、強盗説などの様々な噂があるが、真相は分かっていない。


DJ TAKU GARNETT SILK PLYLIST

GARNETT SILKのヒットソングをYOUTUBEのプレイリストにまとめているのでチェックしてみてください!!よろしければ、DJ TAKUのYOUTUBEチャンネル登録もよろしくお願いします

GARNETT SILK LIVE

EARTH VIBES GARNETT SILK 1994

Garnet Silk Live